SSブログ

拝啓EMIミュージック殿 [ミュージック]


今日の1曲
EMI 「拝啓EMI殿」/Sex Pistols
http://www.youtube.com/watch?v=KnkDITDZT-M

「勝手にしやがれ !!」発売30周年記念!
…ということで紙ジャケ化

セックス・ピストルズ/勝手にしやがれ (紙ジャケット仕様)
10/31発売ということだったので、ネットで予約、当日中に手に入れることができました(でも、しばらく聞かなかったけど…)

ウリは、
UKオリジナルLPジャケット復刻
日本盤LP帯復刻
UKオリジナルLP封入ポスター復刻
UKオリジナルLP貼付ステッカー復刻
片面シングル「サブミッション」レーベル復刻 
…だそうです
どうでもいいことですが、ジャケットの真ん中にベタッとステッカーを貼るのは止めてください

内容については…
レコード・コレクターズが行った「ロック・アルバム・ベスト100」の70年代編でNo.1に選ばれちゃったという当作品ですが、そんなに大したものではありません(レココレのランキング自体が、教科書ロックの見本市みたいなもので「評論家」のしたり顔が鼻についてたまらないのですが…これ言ってると長くなるので止めときます)
このアルバムは、ただもう勢いだけで作ってしまった…「青年の主張」のような作品ですから
今回、やっとこさ聞き直してみて…
なぬっ?
「勢い」が少しも衰えてない! 「主張」が全然色あせてない!
奴らのこと、ちょっぴり見直してしまいました(笑)

ところで、
にもチラッと触れましたが、東芝が音楽事業から撤退…

その結果、東芝EMIは6月30日付けで「EMIミュージック・ジャパン」に社名変更したとのことです
で、新たな門出を祝って天下のEMIにエールを送りたい(まあ、今まで散々悪態をついてきたんでその罪滅ぼしの意味もあります)、そう決意して応援ヨイショ記事を書くつもりだったんですが…

あっ気なく吹っ飛んでしまいましたよ、そんな気持ち…
だって、気づいてしまったからです
「あら…? いつの間にか紙ジャケ値上げしてたんじゃん… !」

まあ、今頃になってようやく感づいたというのも、間が抜けているのかもしれません…
経緯はこうです
9/26にヴァージン/カリスマ紙ジャケット・シリーズということで、ブライアン・フェリーとロキシー・ミュージックが出るという情報をキャッチ
で、フェリーのソロなんかどうでもいいけど、ロキシーはちょっと気になる、でも確か…紙ジャケ2回目じゃなかったっけ? ってことで、マイ・CDライブラリー(推定)3,000枚を調べてみたところ…
ありました、初回盤は2001年9月の発売でした
アヴァロン (紙ジャケット仕様)
価格を見ると…2,548円!
で、今回の紙ジャケが2,600円ですから…う~ん、なかなかやってくれるわい、と思わず感心、追加購入を断念したという次第です

さらに、(これも後から気づいたのですが)セックス・ピストルズの紙ジャケも、実は今回が2回目
1回目は1999年3月にすでに登場、その時の価格もやはり2,548 円…
高価格路線のEMI(東芝)というのは前々から十分承知していましたが、そんなEMI(東芝)にも紙ジャケ2,548円という比較的平和な時代があり、さらにいっそうリスナーの期待に応えるべく歩み寄りを見せてくれても良かったはずなのに…
どさくさ紛れの端数切上げ52円値上げであっさりと消費者を裏切ってしまった…相も変わらずパンクの精神に反することを平気でやらかしてくれて、ああ、情けない

他社も紙ジャケは値上げ傾向にあるようなので、EMI(東芝)だけを叩くのはフェアではないのかもしれませんが…
ドアーズ(ワーナー)

初回盤(2000年8月) 2,079円→今回盤 2,300円
「40周年記念ミックス」を値上げの言い訳にしてますが、(PCで聞いてる)私にはほとんど違いがわかりません

T・レックス(ユニバーサル→テイチク)

初回盤(2001年10月) 2,141円→今回盤 2,625円
これは、会社の移籍だから仕方ない?
余談ですが、「電気の武者」のカヴァー・デザインはヒプノシス、「スライダー」の写真撮影はリンゴ・スターです

音楽メディアの多様化、さらに根本的には趣味の多様化のせいでレコード業界の市場が縮小傾向にあり、売上げ・経常利益が激減しているというのはわかります
けれども、それを安易に価格に転嫁してしまうというのはどうにも納得できない…
特にEMI(東芝)の場合は、所属アーティストの豪華さ(洋楽しか知りませんが)にあぐらをかいているようで、文句があるなら買わなきゃいいだろと言わんばかりの高飛車な姿勢が見え見えで…(以下自粛)

でも…なんだかんだ文句言ってても、ちゃんと援護はしてるんです
その証拠に、ほら
やっぱりヴァージン/カリスマ紙ジャケット・シリーズで、7/25発売のジェネシス

そして3人が残った (紙ジャケット仕様)
ジェネシスも紙ジャケ化は2回目だそうですが、今回はSACD+DVD(AUDIOとVISUAL EXTRA)仕様


クイーンの「オペラ座の夜 30周年アニヴァーサリー・エディション」が、同じくCD+DVD(43分)で5,800円とぼったくり状態だったのに比べれば健闘していると言えるのかもしれません
でも、4,800円はまだまだ高すぎる

「3人」の中身については…
今回の紙ジャケ盤、正確に言うとオリジナル盤のリマスターではなく、リミックス・ヴァージョンなんだそうです
で、その成果を最大限に味わうためにはSACDが一番最適とのことですが、(PCで聞いてる)私にはいまいちよくわからなかった
それよりも、DVDの5.1chサラウンド・ミックスの方が、聞き覚えのない音が突然あちこちから現れておもしろかったかな

カリスマのレーベルも復刻(「不思議の国のアリス」by ジョン・テニエルです)

なお、言い忘れましたが、 ジャケット・デザインは、やっぱりヒプノシスです

蛇足で…私の所有している旧盤は、1988年発売の<ヴァージン・ベスト・セレクション30>と題されたシリーズのもの

もちろん、幻のヴァージン・ジャパンからで…ああ、栄枯盛衰は世のならい、思わず涙してしまいました

CD+DVDと来たら、10/3発売のこちらも

フォトグラフ ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター DVD付コレクターズ・エディション
価格3,700円(通常盤との価格差1,200円)というのは、EMIにしては格安な気もしますが、DVD映像たったの20分間だけですから騙されてはいけません(笑)
まあ、そうは言っても、個人的には十分楽しめました
キャンディちゃん(エヴァ・オーリン)や出来損ないのフランケンシュタイン、「地球の静止する日」もどき、ニルソン、そしてジョン・レノン(声だけ)も登場しますから

そして、今回の真打は、10/10発売のこちら

夜明けの口笛吹き 40周年記念デラックス版CD3枚組 完全限定盤(輸入国内盤仕様)
価格6,500円ということで、通常盤(CD2枚組)との差額4,000円に非難轟々、集中砲火を浴びちゃってます(笑)

ここで突然かつ安易ですが、価格帯が近いということで、こちらと比較してみようかとも思いましたが…

明日なき暴走 30TH ANNIVERSARY EDITION
CD+DVD2枚の合計3枚組で6,720円

申し訳ありません…
両方とも最近手に入れたばかりで全く聞いてない、封さえ開けていない…ので比べようがありません
それはまたの機会に持ち越しとさせていただきます

なんかとっても中途半端な終わり方のような気がするので、急遽付け加えておくと…

では、どこのレコード会社がパンクの精神に則りリスナーを大切にしてくれているか? CS(顧客満足度)が高いのか? と言いますと…
それは、ずばりユニバーサルでしょう
ホントに頭が下がります

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ (紙ジャケット仕様)
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ <デラックス・エディション>

紙ジャケはお値段据え置き(2,141円)でアンコール・プレス(再発)してくれるし、デラックス・エディションなんかスペシャル・プライス(3,670円→2,980円)で再発してくれるし
ただ難を言えば、アンコール・プレスって数量限定のせいかなかなか手に入らない…
ヴェルヴェットの紙ジャケも、店頭からはすぐに消えて、ヤフオクでやっとこさゲット

こちらも、アンコール・プレスは全然見つからなくて…
意外や意外、2000年12月発売の1stプレスの方をネット経由で探し出すことができました

ジェントル・ジャイアント (紙ジャケット仕様)
レコジャケ展覧会の「魔物編」あるいは「変な顔編」があったら、迷わず選出するつもりです

敬具(結語)

追伸
そうそう、これも忘れずに言っておかないといけません
ソニーは、ユニバーサルを見習ってはいけません
「明日なき暴走 ANNIVERSARY」の再発廉価版なんて絶対に出さないこと
それから、EMIは、「夜明けの口笛吹き デラックス版」のCD3枚目をばら売りしないこと
固く申し渡しておきます(どちらもやられそうな不吉な予感が…)

コメント 4

yubeshi

ピストルズも紙ジャケか・・・世も末ですね(苦笑)
ロキシとフェリーさんの今回の紙ジャケは閣下の代わりに私が全部購入しているので、今月中にネタにしますよ。
ストーンズもBOWIE様も紙ジャケ化した今、残るはリバプールの超大御所だけですか・・・待ってるんだけどなぁ。
by yubeshi (2007-11-11 21:51) 

モバサム41

コメントありがとうございます。
yubeshiさんも「賢い消費者」にならないと、EMIちゃんを喜ばせるだけですよ(笑)
再発、再々発も平気でしてくるのできりがありません。
FAB4は、とりあえずレノン紙ジャケが今月来ますね。
by モバサム41 (2007-11-11 22:21) 

mon mon

ヒプノシスはZEPの聖なる館のジャケが好き。ブライアン・フェリーはすごい美人の若いモデル嬢と付き合っていて話題。一生女に不自由しないのね。私はENOの方が好きです。何となく・・。私がスーパーでやる値段チェックみたいなのを男性がやってると新鮮な感じがします。
by mon mon (2007-11-12 19:32) 

モバサム41

mon monさん、コメントありがとうございます。
聖なる館は、最近こちら↓でも扱いましたので、ご覧になってください。
http://blog.so-net.ne.jp/mobilesamurai41/2007-10-10

ブライアン・フェリーは、初期ロキシーの頃は、ただの田舎の兄ちゃんって感じでしたが、見事に化けましたね。

値段チェックは…小遣い3万円なんで、すみません。
by モバサム41 (2007-11-13 01:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1